華の会メールbridal(ブライダル)とブライダルネットを5つの項目で比較!

婚活サービスやアプリの比較一覧

人気の婚活サービスである「華の会メールbridal(ブライダル)」と「ブライダルネット」を5つの項目で比較してみました。

今回は、婚活アプリを購入する際に基本となる「1.料金」「2.会員」「3.年齢層」「4.目的」「5.機能」を徹底比較しています。

両者の良いところ悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「華の会メールbridal(ブライダル)」と「ブライダルネット」を5つの項目で比較しました!

1.料金で比較 入会料、毎月の料金などの男女別の料金で比較してみました。
2.会員で比較 男女別の会員数や会員の特徴などを比較してみました。
3.年齢層で比較 男女別の年齢層を比較してみました。
4.目的で比較 使用目的について比較してみました。
5.機能で比較 アプリの機能性について比較してみました。

上記の5つの項目で、華の会メールbridal(ブライダル)とブライダルネットを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「華の会メールbridal(ブライダル)」と「ブライダルネット」を料金で比較!

※税込み価格 華の会メールbridal ブライダルネット
入会料 なし なし
1ヶ月の額(男・女) ポイント制(女性無料) 3,980円〜(男女同額)
3ヶ月(長期利用額) ポイント制(女性無料) 3,200円/月
6ヶ月(長期利用額) ポイント制(女性無料) 2,600円/月
12ヶ月(長期利用額) ポイント制(女性無料) 2,000円/月
プラン 華の会メールと華の会メールBridalは行き来が自由 基本プランのみ

華の会メールbridal(ブライダル)のポイント制の仕組みがイメージできない方にご説明すると、女性は無料で使い放題ですが、男性は1ポイント=10円で、1,000円から購入することができます。(アクションごとに使用するポイント数が違う)

  • 女性にメール1通送ると10Pを消費
  • 女性からのメールを開封すると2Pを消費

例えば、1人で5人の女性と10回やり取りをする場合、5人に10回メールを送るには500P、5人の女性からのメールを10回確認するには100P必要です。

華の会メールbridal(ブライダル)は、合計600Pの6,000円分ぐらいあれば10回ぐらいは、5人の女性とメッセージのやりとりができるということがわかりました。

ただ、華の会メールbridal(ブライダル)は前払い制なので、先にポイントを購入して、色々とアクションをしていて気が付いたらポイントがなくなっている可能性もあります。

ブライダルネットは、女性も男性も月額3,980円で1ヶ月目から利用できます。そのため、メッセージの閲覧や返信は5人と言わず、何人でもメッセージし放題で、金額を気にせず使用できます。

また、ブライダルネットは1ヶ月だけサービス利用料金が1,000円オフで使えます。

自分の誕生月の初旬にクーポンコードが届くのでそれを使って少し安くすることが可能です。

2.「華の会メールbridal(ブライダル)」と「ブライダルネット」を会員で比較!

華の会メールbridal ブライダルネット
非公開 12,000人(総会員数31万人)

華の会メールBridalの会員数は非公開で、ブライダルネットの会員数は12,000人といわれています。

ただ、華の会メールBridalの噂では、全国で約25万人という噂もありますが、公表されていない限り、こればかりはわかりません。

ブライダルネットは、31万人と12,000人って全然違いますが、会員登録だけしてアクティブに使っていないユーザーも多いです。

そのため、有料会員登録してアクティブに使っているユーザーだけを見る必要があるので、実際には12,000人だと考えてください。

華の会メールBridalの会員の特徴としては、結婚歴のある年齢層の高い人も多いのが特徴です。

そのため、女性はかなり結婚や再婚に対して慎重になっているという声もよく聞きます。

ブライダルネットの会員の特徴としては、男性に比べて女性ユーザーの方が多いです。

多いといっても1割程度なので、マッチングに大きく影響はないと思います。

男性の8割近くが年収400万以上で、営業職やSEなどが多いので、ハイスペック男性も多いです。

3.「華の会メールbridal(ブライダル)」と「ブライダルネット」を年齢層で比較!

華の会メールbridal ブライダルネット
35歳以上が全体の85%を占める 20代後半~30代、男性は40代も多い

華の会メールBridalの年齢層は50代が一番多く、50代以上の利用割合が過半数を占めます。

一方でブライダルネットは20代後半~30代が一番多い層ですが、男性に限っては40代も3割程度います。

年上の人が好みの女性がブライダルネットを使う際は、40代の男性も視野に入れた方が選択肢が広がってマッチングしやすいですね。

ブライダルネットよりも華の会メールBridalの方が50歳以上の男女が多いので、結婚適齢期の人や年上好みの人はブライダルネットを、中高年の人は華の会メールを選んだ方が希望に近い人と出会える確率が高まります。

4.「華の会メールbridal(ブライダル)」と「ブライダルネット」を目的で比較!

華の会メールbridal ブライダルネット
50代~70代の相手と出会いたい 安全性を重視したい
結婚もしくは気軽な友達が欲しい 1年以内に結婚したい
お茶飲みや相談相手が欲しい 本気で結婚を考えている相手を見つけたい

目的別で比較してみると、ブライダルネットの方が婚活したい人向けのサービスです。

華の会メールBridalは、年齢層も高いことから、ユーザーが慎重になっている可能性も高く、女性はなかなか連絡先を教えてくれないとの口コミもありました。

60代や70代で本気で婚活というよりかは、老後楽しくお茶飲みができる友達を探していたり、気軽な大人の関係を探して利用している人も多いようです。

一方でブライダルネットに登録する人は、真剣度が高いと言われています。

というのも、結婚相談所大手のIBJが運営しているため、結婚相談所がアプリを運営しているということもあり、得体の知れないアプリよりも安全面は高いです。

婚活のプロでもあるコンシェルジュによるサポートも充実しているため、1年以内に結婚したいという前のめりな人が集まっていますよ。

5.「華の会メールbridal(ブライダル)」と「ブライダルネット」を機能で比較!

華の会メールbridal ブライダルネット
ポイント制のため都度課金が必要となる ビジター(無料)で利用する人もいる
日記や掲示板などの機能が豊富 基本プランのみ
スマホ・ガラケーにも対応 結婚相談所並みのサポート

華の会メールBridalは、掲示板や日記などの機能が充実しており、何気ない日々の出来事・特別な出来事を色々な人に伝えて共有することができます。

自分を異性に目立たせてアピールしてみたい人には便利な機能です。

ブライダルネットは、ビジター(無料)で利用する人もいますが、無料サービスだけだと、メッセージ1通目のみ無料なので、ほとんど無料会員では実際に会うことはできません。

有料会員では、カウンセラーにチャットで恋愛相談をしたり、初デートはスタッフが引き合わせてくれたりなど、結婚相談所並みのサービスなのに価格面で安いのが売りです。

「華の会メールbridal(ブライダル)」をおすすめの方はこんな人!

  • ある程度大人な恋がしたい人
  • 相談相手や友達が欲しい人
  • 知名度が高くない婚活サービスでも問題ない人

華の会メールBridalは、老舗の婚活サービスですが、中高年向きのサービスなことから、あまり知名度は高くないです。

ただ、知名度は低くても安心感は高く、中高年に選ばれ続けています。

子育てがある程度離れ、そこから気軽なお付き合いがしてみたいとか、相談相手やお茶飲み友達が欲しいといった人にはすごく向いているサービスです。

華の会メールbridal(ブライダル)の公式サイトはこちら

「ブライダルネット」をおすすめの方はこんな人!

  • 結婚相談所のような充実したサポートが欲しい
  • 安全性の高いアプリを使いたい
  • 真剣度が高い相手と早く結婚がしたい

ブライダルネットは、婚活の最大手といわれる上場企業のIBJが運営しているアプリのため、安全性が高くサポートも結婚相談所並に充実しています。

年間で11万組のカップルが誕生しているので、実績は申し分ないでしょう。

また、メッセージの返信率が75%という統計も出ているので、かなり男女ともに結婚の真剣度合いは高いと思われます。

コスパが高い安全性を求めている人には適したアプリですね。

「ブライダルネット」の公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気の婚活サイト「華の会メールbridal(ブライダル)」と婚活アプリ「ブライダルネット」の違いを5つご紹介してきました。

華の会メールbridal(ブライダル)とブライダルネットは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「youbride(ユーブライド)」と「ゼクシィ縁結び」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「youbride(ユーブライド)とゼクシィ縁結びを5つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント